【デュエマ】超GRゾーンのルール・使い方【決定版】

 

新ギミック!大爆発ッ!

いよいよ明らかになった

超GRゾーン

その全貌、使い方をここで一挙解説だ!


読み方


こちらの記事も要チェック!


まずこのゾーンに関する用語の読み方!
以下のようなものがあるよ!
  • 超GRゾーン
  • GRクリーチャー
この読みはそれぞれ、
  • 超GRゾーン
    ちょうがちゃれんじぞーん
  • GRクリーチャー
    がちゃれんじくりーちゃー
が公式の読み方だ!

まぁオジサンは「ジーアールゾーン」「ジーアールクリーチャー」って呼んでるんだけどね!笑

超GRゾーン山札のルール


まずは絶対ルール!

超GRゾーンの山札は下記の3点を絶対に守って構築する必要がある!!
  1. 裏面が青と白のGR専用カードで構成すること
  2. それらのカードの合計はピッタリ12枚であること
  3. 同名のカードは2枚まで
特に注意したいのは「同名カードの枚数」だね!
通常のデッキには4枚まで入れれるけど、GR山札は2枚な点に注意だね!

ちなみにこのGRを使わない場合は1枚もカードを用意しないこと!
これはオジサンの勝手な予想だけどまず間違いないと思うよ!
そうじゃないとこれまでに作ったデッキが困っちゃう!)

で、ここが超大事!

12枚のGRカードはデュエル前にキチンとシャッフルすること!

そして下がまとめの図~!


しっかり憶えてね!

GRカードの使い方

さてお次は「GRカードの使い方」!

超GRゾーンに積まれた山札はメインデッキのようにターンの初めにドローされない!
じゃあこれをどうやって使うの?ってなるんだけど、これには専用のリクルーターを使ってアクセスする!!

昔からやっている人、詳しい人は「リクルーター」ってだけでわかると思うんだけど、この「リクルーター」というのは他のゾーンのカードを呼び出す効果を持っているカードの事なんだ!
リクルート(recruit)って言うのは「求人」とかそんな意味。
リクルーター(recruiter)はrecruitのer形で「求人する人」。
転じてリクルーター=スカウトマン的な意味で認識してもらってもOKだよ!
英語も学べる(大嘘)家マをどうぞよろしく。(白目)

例えば超次元リクルーター呪文《超次元フェアリー・ホール》。

この呪文には唱えると、「超次元ゾーン」というメインデッキとは別のゾーンからクリーチャーを呼び出すことが出来る効果が付いている!

超次元リクルーターにも色々あって、上のような呪文以外にもクリーチャーにその能力が付いていたりと様々。

で本題、GRゾーン。
ここにあるカードを使うには専用のGRリクルーターを使用する!


これはメインデッキに入っているカードで、左上にあるコスト2を支払ってバトルゾーンに出す!

そうするとこの「オレガ・オーラ」は、GRゾーンの山札の1番上のカード(GRクリーチャー)をタダでバトルゾーンに出すことが出来る!

そしてこのGRゾーンの山札の1番上からGRクリーチャーをバトルゾーンに出す一連の行為を・・・

GR召喚と呼ぶ!
(がちゃれんじしょうかん)

ちなみにこのGR召喚は「オレガ・オーラ」だけではなくて、普通のクリーチャーの登場時能力や攻撃時能力に付いていたり、呪文の効果にも付いていたりするんだ!
「オレガ・オーラ」はGR召喚してからが面白くて、その今出したGRクリーチャーに「オレガ・オーラ」を装着させることが出来たりするんだけど、その詳細はまた別の記事でしっかり書かせてもらうね!

GR召喚

GR召喚はコスト踏み倒しである

GR召喚は他のカードの効果で、タダでGR山札からカードを使うので一種の「コスト踏み倒し」である!

そして「コスト踏み倒し」には最大の防御策である「コスト踏み倒しメタ」という存在が立ちはだかるんだけど・・・

コチラもチェック!

GR召喚は召喚である

GR召喚はその名前の通り「召喚」としてクリーチャーをバトルゾーンに出す!

この「召喚」で出しているということが重要で、


「召喚でない方法で出てきたかどうか」をチェックする《オニカマス》を見事にすり抜けていくことが出来るんだ!

コストは払ったものとする

上の「召喚扱い」だけでもスンゴイのだけどさらに追い打ち!

驚くべきことにGR召喚で呼び出されるクリーチャーは「コストを支払ったものとして召喚」される!!

そう、GR召喚はコストを払わずに召喚しているのに「コストを支払ったものとして召喚」されるのだ!


これはつまり「コストを払わずにバトルゾーンに出てきたかどうか」で判断して山札送りにする《ポクチンチン》なんかを完全に無視することが出来る!!!

これには引っかかる!!

《カマス》や《チン》などのコスト踏み倒しメタをすり抜けるGR召喚なんだけど、実は引っかかるタイプの踏み倒しメタも存在する!

例えばこれ!

《マグナム・ルピア》!

これは「召喚」とか「コストを払ったか」とかを見ていなくて、単に出てきたクリーチャーが「マナゾーンのカードの枚数よりコストが大きいかどうか」という能力になっているから、残念ながらこの能力に引っかかってしまう!


この《ミクセル》も同じ方式だからアウトだね!

(ただ実は、GRクリーチャーってコストの小さいカードだらけだからほとんど引っかからないのは内緒w)

あと、対処の難しいのはこれ、


「マナゾーンのカードをタップしてクリーチャーを出したかどうか」をチェックする《百発人形マグナム》。

けどこれはまぁそんなに使っている人いないから・・・問題ないかな?(それに《ハエタタキ》で撃ち落とせばいい)

さぁ次はGRクリーチャー!

GRクリーチャー


これがGR召喚して出てきたGRクリーチャーだ!

名前やコストの欄がカードの真ん中あたりに書いてあるのが特徴だぞ!

このカードそれぞれが色々な能力を持っているんだけど、ここではGRクリーチャーに共通する内容をお伝えするよ!

基本的にただのクリーチャー

GRクリーチャーはその出し方が特殊なものの、登場して以降は結構フツーで、コストもあるし、パワーもあるし、クリーチャーだし、破壊もバトルもマナ送りなんかもぜ~んぶ普通にできちゃうんだ!

進化元に出来る

GRクリーチャーの上に進化クリーチャーや、NEO進化クリーチャーを置いてしまうことも出来るよ!
なんせ出たあとは普通のクリーチャーだからね!

手札に戻して《ジョラゴン》の軽減に使える


今後登場するであろうジョーカーズのGRクリーチャーは、《ジョラゴン》の召喚コスト軽減のために手札に戻したりすることも可能!
なんせ出たあt(ry

バトルゾーンを離れたらGR山札の1番下に戻る

これが普通のメインデッキのカードと違う点。

バトルゾーンにいる間は普通のクリーチャーって言ったけど、一旦そこを離れるといきなり動きが変わってくる!

例えば「バトルに負けて破壊されたとき」。
その場合は、こんな動きになる!
  1. GRクリーチャーが破壊されて墓地に置かれる
    ここでは一旦墓地に置かれている。これ重要。
    置いたあとに、移動するんだ。
  2. GRカードはバトルゾーンかGRゾーンにしか存在できないので、状況起因処理により墓地からGR山札の一番下に移動する
2番に「状況起因処理」という難しい言葉が出てきたけど、2番を簡単に言うと、

バトルゾーン以外にGRカードが行ったら他の処理の途中でも一旦それを止めてGR山札の1番下に戻す!

と憶えてくれたらOK!
(同時に複数のGRカードがバトルゾーンを離れたら、好きな順番でGR山札の1番下に戻していいと思うよ)

まだ判明していないこと

スリーブで背中を見せなくしてもいいの?

多分これはオッケーだと思うよ。

スリーブで隠してしまうと、メインデッキのカードなのかGRカードなのかわからなくなるけど、GRゾーンからクリーチャーを出す能力は強制的にみんなに見える形でバトルゾーンに出すから、その時点で全て分かっちゃうからね!

ただ、透けている透明のスリーブが無難な事を伝えておこう!

完全判明!
背中見えなくてもオッケー!
メインデッキとGR山札は同じスリーブを付けてもオッケー!別々のスリーブにしてもオッケー!!

要はメインデッキならメインデッキ、超GRなら超GRそれぞれでちゃんと統一されてればオッケーってことだ!!

あ、けどねメインデッキと同じスリーブは絶対にやめたほうがいいよ!!
オジサン初日で失敗したからね!メインデッキから《メタポン》出てきやがんの!!びっくりしたなーもう!w

GR山札がなくなったら負けなのか?

これは大丈夫だと思うね!

だって超次元もなくなっても負けにならないし、そもそもGR使わないデッキもあるんだし!!
完全判明!
負けじゃないよ!!

GRカードはクリーチャーだけか?

多分これはクリーチャーだけ。

だけ・・・だと思うんだけどなぁ。

もしかしたらまだ隠された秘密があるかも!?

超次元ゾーンも同時に使ってもいいのか?

これは多分オッケーだけど、ルールで「ダメー!」ってなる可能性あり!!

超次元とGRを同時に使えるようにしてしまっては、そもそも幅をとって邪魔だし、カードを沢山1つのデッキに積めてしまう(色々なことが出来すぎる)ようなものだから、ひょっとしたら併用は禁止されるかもしれない!!
判明!
併用しても(両方同時に使っても)オッケー!




Now Loading .....

2 件のコメント :

  1. GRってコストを支払ったものとして召喚じゃなかったっけ

    返信削除
    返信
    1. ご投稿ありがとうございます!筆者の猿メンです!

      GRはそうですね、現在のところはこれにアクセスするには必ずGR召喚することになりますね!

      そしてそれらは「コストを払っていないのにコストを払ったものとして召喚」するという画期的な仕組みになっているのがポイントですよね~!

      削除