【デュエマ】《弩闘!桃天守閣》で強制タップ獣を乗り越えていけ!【これが2マナは熱い!】

 

カード詳細

名前 :弩闘!桃天守閣
よみ :どとう ももてんしゅかく
タイプ:D2フィールド
文明 :火/自然
パワー:ー
コスト:5
種族 :ジョーカーズ/チーム切札
■<キリフダッシュ>2(火/自然)(自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このD2フィールドを2(火/自然)支払って展開してもよい)
■自分のクリーチャーがブロックされた時、相手のシールドを1つブレイクする。
■相手の呪文の効果またはクリーチャーの能力によって、自分のクリーチャーはタップされない。
■自分のクリーチャーがタップしてバトルゾーンに出る時、かわりにアンタップして出る。(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)


※カード画像をタップすると駿河屋で価格チェック出来ます

十王篇 弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!!
 (--%OFF)
[※注意※ 割引率は変動します]
 (20%OFF)
[※注意※ 割引率は変動します]
2020年2月20日(土)発売のEX弾「弩闘×十王 超ファイナルウォーズ!!!」に収録予定のカードの紹介だ!


おい待てやめろ!

EX弾「弩闘×十王 超ファイナルウォーズ!!!」のチーム切札に何ともやべえD2フィールドが登場!

その名も!!

《弩闘!桃天守閣》!!
(どとう ももてんしゅかく)

D2きたあああ!


楽しみなカードが登場した!
しかも今回のカードは「D2フィールド」!

全てのバトルゾーンに1枚しか存在できないという制約があるけど、出ている間はずっと効力を発揮するというあのカードタイプだ!

※1枚のD2が出ている時に他のD2が新たに出てきたら、古い方は墓地に置かれるよ!
※あくまでもD2フィールドがバトルゾーンに1枚ってだけで、無月フィールドとかのD2ではないフィールドは「バトルゾーンに1枚制限」が適用されてないよ!注意ね!

そしてこれ、能力が凄まじい!
唯一無二の強カードと言っても過言ではないだろう!
全部で4つの能力を持ってるんだけど、順に見てみよう!

キリフダッシュ!

■<キリフダッシュ>2(火/自然)(自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このD2フィールドを2(火/自然)支払って展開してもよい)
このカードはチーム切札のカードなわけなんだけど、フィールドカードでありながらしっかりと必殺技「キリフダッシュ」を持っている!

素のコスト5に対してダッシュコストは2なので、ブレイクさえ達成できれば相当楽に出していけるようになっているぞ!

ブロック!?無駄無駄ァ!!

■自分のクリーチャーがブロックされた時、相手のシールドを1つブレイクする。
ブレイクしなけりゃキリフダッシュは始まらない!

けどブロッカーがたくさんいたら突破できずブレイクできない・・・

しかしこの能力があれば一発解決!!

ブロックされたらそれだけで相手のシールドを1ブレイク!
これにより「攻撃中にシールドブレイクした」ということになるので、キリフダッシュの権利を獲得だ!

※この効果で相手のシールドをブレイクした場合、もちろん相手はそれがS・トリガーだったらそれを使うことが出来るよ!(それでもブレイクしたという事実は変わらないからダッシュできるけどね)

ちなみに処理の手順は、
  1. 攻撃宣言
  2. 攻撃時能力の処理
  3. 相手のブロッカー指定
  4. ブロッカーが確定
  5. 桃天守閣の効果ブレイク
  6. (あれば)S・トリガーの処理
  7. バトル
となるからね!

ブロッカーが指定されたら、バトルの前に効果ブレイクだよ!

ちなみにその効果ブレイクからのS・トリガーで、攻撃クリーチャーが除去されたらそこで攻撃はおわり。
攻撃の処理は「攻撃の終わりステップ」に飛んで、「攻撃の終わりに~」の効果とか「キリフダッシュ」なんかを使うことが出来るよ!
ただし攻撃クリーチャーの攻撃中のブレイクが《桃天守閣》によるものだけだった場合、キリフダッシュを出来るかどうかは、実は怪しい。
何故かと言うとキリフダッシュは、攻撃クリーチャーがその攻撃中に、攻撃クリーチャーによってブレイクをしているかどうかを条件に求めるからだ。
しかし《桃天守閣》のブレイク能力のテキストには「誰がブレイクするのか?」という部分について記載がない。
つまりその場合、そのブレイクは《桃天守閣》によるものとなる可能性が高い。
その場合、攻撃クリーチャーによるブレイクではないので、結果としてキリフダッシュの求める条件「攻撃クリーチャーによるブレイク」を達成したことにならず、ダッシュ宣言出来ないのではないのか?という結論が出てくる。
クロスギア《竜装 シデン・レジェンド》の効果ブレイクのように「クロスしているクリーチャーによってブレイク」と明確にブレイク実行者が定義されているのであれば問題はなかったんだけど、《桃天守閣》はその記載がない。
ちょっと公式の結果を待ったほうが良いかもしれないね。
反対にS・トリガーでブロッカーが除去された場合。
この場合は、バトルは行われないし、

その攻撃も、ブロッカーがいなくなったからといって相手プレイヤーに通ったりはしない。

ブロックは、ブロッカー指定ステップで一度確定したら、たとえそのブロッカーが除去されてしまっても攻撃は貫通せずしっかり止まるのだ!
これ特大注意点だからよく覚えておいてね!

んじゃ次ぃ!

タップしないだとぉ!?

■相手の呪文の効果またはクリーチャーの能力によって、自分のクリーチャーはタップされない。
この能力も強烈極まりない!

なんと相手の呪文とクリーチャーの能力で自分のクリーチャーはタップされない!!

なので全タップのスパーク系トリガーがまったく仕事をしなくなるってわけなんだ!

こんなの強いに決まってる!w

注意点 その1

■このクリーチャーが表向きでシールドゾーンに置かれた時、またはバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選びタップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。
ただしこの《桃天守閣》の「タップされない能力」は、この《「純愛の紅」》のような能力に注意だ!

《純愛》の能力は、「タップ」して「ターンはじめのアンタップ禁止」を1体のクリーチャーに与える。

しかしこのうち、《桃天守閣》によって「タップ」は防げるわけなんだけど「ターンはじめのアンタップ禁止」はしっかり残ってるから注意しよう!

つまりタップはされないんだけど、うっかり攻撃して自分でタップしてしまうと、次のターン、そのクリーチャーはターンはじめにアンタップされなくなるってわけなんだ。

注意 その2

この「タップされない」という能力は、あくまで「相手」の「呪文」と「クリーチャー」によるものだけを防ぐ事ができるぞ!

もちろん自分の効果ではタップされるし(例えばブロッカーとかムゲンクライムとかね)、

クリーチャーでも呪文でもないもの、つまりオーラ(タップさせるものは1つもないけどw)やクロスギア(これも1つもないw)、

《Dの牢閣 メメント守神宮》なんかの「フィールド」のタップ効果を無効にすることは出来ないぞ!

タップインナー全員死亡

■自分のクリーチャーがタップしてバトルゾーンに出る時、かわりにアンタップして出る。
さて最後の能力。
この能力が凄まじい。

なんと自分のクリーチャーがタップ状態でバトルゾーンに出る場合、それらは全てアンタップ状態で出れるようになるのだ!!

つまり相手獣にタップインを強要するみんな大好き《卍 デ・スザーク 卍》や、

《「非道」の鬼 ゴウケン齋》なんかが、その強さの大部分を刈り取られることになるってわけなんだ!

革命チェンジOK

さて、この強制アンタップイン能力。
なにも相手の効果によるものを跳ね返すだけにとどまらない。

例えば通常、革命チェンジで登場するとタップ状態で登場する「革命チェンジ・クリーチャー」なんかも、アンタップ状態でバトルゾーンに着地することになる。

なので上の《蒼き団長 ドギラゴン剣》の場合は、革命チェンジ→アンタップインと出てくると、革命チェンジの攻撃でT・ブレイク、さらにアンタップ状態なのでもう一度攻撃できてさらにT・ブレイクと、一挙6打点を形成することが出来るのだ!!

JチェンジOK

革命チェンジがOKならば、Jチェンジも余裕でオッケーだ!

その場合、Jチェンジでマナゾーンから出てくるクリーチャーはアンタップ状態で出てくるので、

これまでJチェンジにあまり適していなかった、攻撃時能力(+スピードアタッカー)やマッハファイターがメインの能力になっていた(あるいはウリだった)クリーチャーもチェンジ先として考えられるようになってきたぞ!

■マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
■Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)
ちなみに《弩闘!桃天守閣》が出ている状態で、マナ4つと《アツギダルマ》が手札とマナにあれば、相手のパワー4000未満のクリーチャーは全員死ぬwwww

侵略OK

《弩闘!桃天守閣》があれば、当然侵略能力からタダ進化で出てくるクリーチャーもアンタップ状態でバトルゾーンに降り立つ。

※進化元ごとまるごとアンタップするよ

そうすれば侵略クリーチャーは全部進化クリーチャーなので、アンタップ状態でおりたったのならもう一度攻撃が可能!
《レッドゾーン》なら3+3の6打点・・・
これは凄まじい!


無限アタック!

■このクリーチャーの攻撃の後、このクリーチャーの一番上のカードをバトルゾーンから自分の手札に戻してもよい。
なお、一部で話題となっている侵略クリーチャー《超獣軍隊 フォックスリー》。

これと《弩闘!桃天守閣》を組み合わせれば「無限アタック」が簡単に実現できるためだ!

これは進化元の攻撃時にこれで侵略し、アンタップ状態で着地。
攻撃の後まで生き残っていれば、自身の能力によりこのクリーチャーの一番上のカード、つまり自分自身を手札に戻すことが出来る。

そうすれば進化元はまた元のアンタップ状態でバトルゾーンに残っているので、またそれで攻撃、侵略、フォックスリー、攻撃の後、フォックスリーを手札に・・・
と、全く同じ攻撃動作を永遠に(除去されなければ)続けることが出来るってわけなんだ!

なお、革命チェンジとかでも結構簡単に無限攻撃できるコンボがあるから良かったらさがしてみてね~!

デカくて小さいやつがいる

デュエマには低コストでものすごいパワーと打点を持っているけど、デメリット能力でバトルゾーンにタップして出てしまい、即座に攻撃出来ないクリーチャーがちょこちょこ存在する。

この《界王類七動目 ジュランネル》もその1体だ。
■ワールド・ブレイカー
■このクリーチャーは、バトルゾーンにタップして置く。
■自分のマナゾーンに自然のカードが6枚以下しかない場合、このクリーチャーをアンタップできない。
これはせっかくワールド・ブレイカーを持っているんだけど、デメリット能力によりタップ状態でバトルゾーンに出てしまう。
しかしそれも《弩闘!桃天守閣》があれば余裕でアンタップ状態で着地!

一度攻撃してタップしてしまうと、条件をクリアしないとアンタップ出来ないようになるけど、《ジュランネル》ならワールド・ブレイカーを持っているので1度攻撃が通ればもう十分だ!

なお、《D2B バブール》は出てからタップするという悲しみの登場時能力を持つので《弩闘!桃天守閣》の恩恵を受けられない点に注意・・・w

オジソンが・・・・

■このクリーチャーはタップしてバトルゾーンに出る。
■このクリーチャーがタップしている間、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。
■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く。
《弩闘!桃天守閣》を採用しているデッキに《発明オジソン》や、

《タマタンゴ・”神”・パンツァー》を共存させるのは悪手だ。

これらは登場時にタップ状態で出ていてナンボのクリーチャーなので、強制的にアンタップ状態で出てくるこれらとの相性はハッキリ言って最悪と言えるだろう!

・・・・・・・・・・

しかしこのカード、ダッシュから2マナで出せるのなら本当に普通にありだよ。
2ターン目に展開して、3ターン目に走る。
これだね。

さぁこのカードは2020年2月20日(土)発売のEX弾「弩闘×十王 超ファイナルウォーズ!!!」に収録予定! 
これが正真正銘十王篇最後の弾!

全てのデッキをパワーアップするこの弾を買わずして、最新デュエマは語れない!?

十王篇 弩闘×十王超ファイナルウォーズ!!!
 (--%OFF)
[※注意※ 割引率は変動します]
 (20%OFF)
[※注意※ 割引率は変動します]




Now Loading .....

0 件のコメント :

コメントを投稿